忍者ブログ
せんそうとへいわ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 死体を見つけてから約二週間。その間、樹は何をしていたんだろうか。


 零が言っていた。樹は死体に魅せられていると。


(
死体を見に行った? 毎日? 毎日? 毎日?)


 何の感情も浮かんでいなかった樹。ぼーっとして、ただ死体を凝視する姿が眼に浮かぶ。


 毎日ではなかったかもしれない。だけどきっと、毎日に近いくらいあの死体を見に行っていただろう。


(これは悪い変化だ(・・・・・・・・))


 僕と初めて喋ったとき。樹は一際輝いていた。あの輝きを、樹は失ってはならない。


(
そうだ、僕は思ったじゃないか。森に呑み込まれるのは僕や零ではなく樹だって)


 森ではなく死体に呑み込まれてしまったけれど。


(
―――樹に電話しよう)


 自転車を漕ぎながら携帯をポケットから取り出し、樹の携帯にかける。しばらく発信音が続いた後、樹のかすれた僕の名前を呼ぶ声が聞こえた。


『……』


「古谷の森―――死体のところにいるんだろ? 樹」


『……』


「なんで僕の家に電話をかけてきた?」


『……なぁ、』


「……ん?」


『夏祭り、楽しかったか?』


「……樹、」


『……』


 それからブツッ、と電話は切れた。


 僕は小さくため息をつき、携帯をポケットに入れた。そして、思いっきりペダルを漕ぎ出した。



 夏祭りが嫌いなのは、人が沢山いて吐き気がするから。僕は人が苦手だった。


 初めて行った夏祭りで吐き気と頭痛とめまいが一気に襲ってきて、僕は速攻帰るはめになった。


 それからずっと夏祭りというものを避けてきた。あんな思いをするのはごめんだったし、夏祭りなんて楽しくないと思っていた。


 だが樹と仲良くなって、それで―――樹は僕が夏祭りを嫌いだと知っているにもかかわらず、夏祭りに誘ってきた。


(
僕はやんわり断ったのに、樹が無理矢理僕を引っ張って行ったんだ)


 僕は楽しくないところになんて行きたくないと言った。だが樹はきっぱりと、こう言ったのだ。


『楽しいよ。俺と一緒に行くんだから』


 結局、長居は出来なかった。やっぱり以前よりかはマシとは言えど気分が悪くなったし、居心地も悪

かったから。だがそれでも―――


「楽しかった、んだよなぁ」


 樹が最後にどうだったか聞いて来た。だが僕は「まあまあ」とか「微妙」とか、そんな答えを返した気がする。


 それから樹とは、夏祭りへ一度も行っていない。

 


 夜の古谷の森はさすがに恐ろしかった。幸いな事にカバンに懐中電灯を入れていた(零が肝試しをしたいと言っていたため、持ってきていたのだ)から良かったけれど、それでも頼りない光だった。


 森は妙に涼しくて、僕は思わず身震いをした。人間とは違った森のざわめきが、落ち着かない。


(
この道を樹は一人で―――)


 無表情にただ淡々と、歩き続けたのだろうか。

 


 ようやくあの古びた小屋らしきものが見えてきて、僕は少し足早に奥へ進んだ。あの死体があった茂みの近くに、一人の少年がぼーっと突っ立っている。


「樹!」


 樹がゆっくりと振り向くと同時に、僕は傍に駆け寄った。そして、死体のほうへと視線を向ける。


 死体は予想以上に腐敗していなかった。この暑さだ、もっと腐敗していると思ったが―――森の中だからだろうか、虫は少々湧いているし黒ずんできているが、まだ原型をとどめている。


「……ほら、見ろよ」


 樹のかすれた声。


「こいつ、生きているんだ(・・・・・・・)


 え、という僕の声は、音になっていなかっただろう。


「いつ、」


「これを見ると落ち着くんだ。これを見ないと落ち着かないんだ」


「いつ…き、」


「俺は、死体に惹かれているんだ」


「樹……」


 ぼんやりと暗闇に浮かび上がる、真っ白な死体の顔。それが―――陽炎のように揺らめいた。


「え」


「……」


 瞬間、ぐわんと世界が反転した気がした。


「っ…!?


 死体と樹が遠ざかっていく感覚。死体がにやりと不敵に微笑んだのが見えた。


(なんなんだ(・・・・・)
これは(・・・))


 不敵な笑みを浮かべた死体に向かって、樹が手を伸ばす姿を最後に、僕は意識を失った。



 夏休み最後の日、八月三十一日。小学校最後の夏休みが、今日で終わる。


 あれから樹に会ったが、樹は大人しいというか暗いというか、そんな性格になってしまっていた。一緒に会った零とイチと今井さんは戸惑っていたように思う。


(
夏休み明け、クラスでも皆戸惑うだろうな)


 樹の変化はそれほどのものだった。

 

(あの日―――樹は失った)


 死体に魅せられた事によって、何かを。その何かがなんなのかは、明白だ。


 あの後、樹はきっと死体を見に行っていないだろう。樹にはもう死体は必要じゃないし、死体にとっても樹は必要じゃない。樹は死体に「魅せられ終えた」し、死体は樹に「失わせ」た。

 

 あの死体がなんだったのか、どうして死んでいたのか。そしてどうして樹が死体に魅せられたのか。それはもう、知るよしもない。

 


 ―――何故ならもう、夏休みは終わったからだ。

 



END



最終話です、お疲れ様でした。
解説のしようもない(し、する気もない)小説を読んで下さって有難うございました^^

樹は嫌いじゃないけど扱いづらい。

「僕」が独りよがりすぎてすぐ独白に持っていこうとする。我儘な奴だ。
そのせいで今回の文化祭に出す部誌に提出した原稿では、「僕」がだらだら好き放題喋り続けました。

それもいつかうpします、因みに柏木さんメイン(のつもり)の話です。ていうか柏木さんシリーズと銘打ってんだから柏木さん出さないとね…このLost Boy一回も柏木さん出てないしry


個人的にイチが実はお気に入りなのですが(零がお気に入りと思われがちだが断じて違う)、まだあまり活躍できていないので来年の文化祭号では零とイチの話にしたいとか思っていたり。

因みに次回の部誌は、あのモブキャラ東堂君(愛称:ヨシュア)が出てくる話。それもいずれうp(


それでは改めまして読んで下さって有難うございました。これからも宜しくお願いします。

拍手[1回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題

久しぶりに来た(^q^)←

零がどうしても在処に見えてしょうがない件w(
夜月砂羅 URL 2011/08/04(Thu)18:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111 
Admin / Write
Calendar
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile
Name:在処(arika)
Sex:女
Birth:H7,3,22
Job:学生
Love:小説、漫画、和服、鎖骨、手、僕っ子、日本刀、銃、戦闘、シリアス、友情
Hate:理不尽、非常識、偏見
Twitter
NewComment
[08/17 在処]
[08/16 曖沙]
[08/16 曖沙]
[08/15 在処]
[08/15 曖沙]
Counter

FreeArea
FreeArea
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Barcode
忍者ブログ [PR]