忍者ブログ
せんそうとへいわ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

曖沙さんに捧げます。






色の天使

      

                   は

い夢を

               射て、

 

 

 

 ―――鮮やかな赤が眼に焼き付いた。





 蓮漣麗は静かに武器である扇を構えた。

 

 ―――無数の敵の気配。今、自分は一人だ。

(この数であれば・・・殺れる)

 一瞬で終わらせなければ。仲間の元に、一刻も早く向かいたい。

(無事でいて下さい―――)

 確実に大丈夫なのは弟の秦だろう。



『秦は俺が必ず護る。だから安心して行け、麗』



 レンと昴も平気だろう。あの二人の連携はかなりのものだ。

(とは言っても、葵さんがいたときのほうが素晴らしかったけれど・・・)

 思わず亡き仲間の姿を思い浮かべてしまい、麗は首を振った。今は思い出に浸っている場合ではない。

(・・・っ!)

 刹那。さっきまでこちらの動きを慎重に見ていた敵が、動いた。

 

 ―――来る。

(まだ、私は・・・)

 

 疾る。

    飛ばす。

         払う。

            振るう。

                 蹴る。

                     壊す。

 

(死ぬわけにはいかないんです)

 

                     殺す。

                 殺す。

             殺す。

         殺す。

     殺す。

 殺す。

 

(仲間が、私のことを信じて待っているんですから―――)

 

 

『必ず全員生きて帰るぞ』

『姉さんの誕生日パーティーしなくちゃいけないからな』

『絶対皆で祝うからね』

『・・・ケーキ、予約してあるし』

 

 

(だから、絶対に―――)

 

 

 ・・・斬られた。

 ・・・撃たれた。

 ・・・刺された。

 

 

 だが、少女は―――麗は倒れない。

 

(絶対に、生きて―――皆の元に)





 
―――既に返り血なのか自分が流した血なのかわからなくなるほど、紅く染まってしまっていた。

(足が、上手く動かない)

 身体が麻痺しているのがわかった。視界は歪み、足がもつれる。息が荒い。

(―――鉛中毒・・・・・・)

 先程から銃弾を二発ほど受けてしまっている。そのせいで鉛中毒を引き起こしてしまったのだろう。

 

 

(・・・ごめんなさい)

 倒れそうだった。

 

(絶対に生きて帰ると、約束したのに)

 

 まだ敵は残っている。

 無理矢理身体を動かし敵を薙ぎ払うが、攻撃が避けられない。

 

 

―――麗、』

 

 思考もままならない脳内で、先程思いを馳せた少年の声が響いた。

 

『麗、』

 

(葵、さん・・・?)

 

 死を間近にして幻聴でも聞こえているのだろうか。

(葵さん、)

 だが、麗はそう思うことが出来なかった―――否、思えなかった。

 

(本当に、ずっと私たちを・・・私を見ていてくれているんですか・・・?)

 

『まだ、倒れちゃ駄目だよ』

『僕がずっと傍にいるから』

『麗、君は―――

 

 

 ふらつく足を叱咤し、麗は扇を構えた。

 

(私は、)

 

 そして一気に―――地を蹴った。

 

(必ず皆の元へ戻ります)

 

 当に限界など超えていた―――だが。

 

(約束はちゃんと守りますから―――だから、安心して下さい葵さん・・・)

 

 

『麗、君は―――

『まだ、そこで戦える』

 

 ―――疾った。


 いまだ鳴り響く銃声の中、少女は走り続けた。

 

(私はまだ、戦える)

 

 少女は―――護られているから。

 

(護られる為に、護る為に、)

(守る為に、守る為に―――)

 

 

 

 ―――・・・・・少女の勝利はもう、確実だった。

 

 

 

 

そして、


藍の不在を埋める



まず謝罪から。

あの、ほんとすいません。曖沙さんの誕生日ということでおめでとうな小説書こうって意気込んだんですよ。
当初はギャグの予定だったんです。なんかパーティーやってうああああな感じにしようと思ったんですよ。
だけどなんかこんなことに・・・・・・・しかも意味わからないという。葵どうした? お前、どうした?

一応言っておきますと、三年後設定です。つまり、葵死んでます。読めば解るとおり。


ていうかなんでほんと・・・誕生日だよ? おめでとうだよ? なのにシリアス戦闘ちょいグロってどういうこと? 馬鹿なの? 死ぬの?←
っていい加減にしろばっかやろう!!←   
あれだね、テンションおかしいね。そうだ全てはこのテンションのせいだ、九ちゃんのサンタコスのあとに書くからこんなことになったんだ。

断じて九ちゃんのせいではないけどね!!!!!!!(


・・・・・・・・まあ、とりあえず・・・曖沙さん、誕生日おめでとう。心からそう想ってるからね、小説こんな内容だけど。
曖沙さんのみ持ち帰りok。てかでもこんなん持ち帰りたくないよな。駄作だし。なんか意味わからんし。

っていうか早いし。曖沙さんの誕生日12月25日だし。
今日は何日ですかー? 22日~~!!(
あーもう馬鹿、私の馬鹿。

早いけど貰ってやって下さい。あ、いらないよね(



最後に・・・愛はあった。確かにあった。

拍手[1回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 40  37  36  35  34  33  32  30  28  27  26 
Admin / Write
Calendar
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
Name:在処(arika)
Sex:女
Birth:H7,3,22
Job:学生
Love:小説、漫画、和服、鎖骨、手、僕っ子、日本刀、銃、戦闘、シリアス、友情
Hate:理不尽、非常識、偏見
Twitter
NewComment
[08/17 在処]
[08/16 曖沙]
[08/16 曖沙]
[08/15 在処]
[08/15 曖沙]
Counter

FreeArea
FreeArea
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Barcode
忍者ブログ [PR]