忍者ブログ
せんそうとへいわ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 樹とは小学校三年生の頃からずっと同じクラスの親友だ。明るくリーダー的存在で人気者。運動神経が良く、成績優秀ではないが頭の回転が速くて悪戯好き。先生受けも良くて、重宝される存在。


 だが、僕は知っている。樹はどこか危ういところがある。具体的に何が、と言われても小学六年生の僕の語彙(ごい)では表す事が出来ないけれど、樹はどこか脆い部分があるのだ。


「相変わらず元気だよね、ほんと」


 イチと今井さんに挟まれて楽しそうに歩いている樹の背中を見つめながら、零は言った。


「そうだね」


「意外と森ん中、涼しくて良かったよね。まあそれでも暑いけど」


「やっぱり陽の光が入って来ないから、だろうね。暑いけど」


 暑いけど、なんて言っているが、隣を歩く零は全然汗をかいていない。僕も樹たちも汗ダラダラで、背中なんて汗で濡れすぎて張り付く感覚すらなくなってきた状態だというのに。


「もう、小学校も卒業か……」


 ぼんやりと零が呟く。


「どうせ何も変わらないし、中学生なんて大した事ないんだろうね」


「そんなの、僕にはわからないけど」


「相変わらず素っ気無いなぁ。樹もお前も、全然変わらないんだから」


「零もね」


 ―――幼かった樹の姿が思い浮かんだ。小学三年生のとき、初めて口を開いたあのときから、全く何も変わっていない。


「おーい、分かれ道だぞ!」


 不意に樹の大声が聞こえて、僕と零は揃って前方を見た。


「どっちに進む?」


 確かに、二股に道が分かれていた。真っ直ぐ進む道と、枝分かれしたかのような細い道。


「俺的には、探検らしさを求めるならそっちの細い道を行くべきだと思うんだけどどう思う?」


「いやもうそっちで良いよ。細い道行きたいんだろ?」


 呆れたようなイチの言葉に、ニカッと樹は笑った。全く、判りやすい奴だ。


「じゃ、こっから細いし薄暗いし、気をつけて進めよ」


「ラジャー」


 ずんずん進んでいく樹の後ろに、自然と一列になって続く形に変わった。樹、僕、零、今井さん、イチ、の順番だ。


「なあ、樹」


 後ろで喋っている零と今井さんとイチの会話を聞き流しながら、僕は樹の背中に向かって話しかけた。


「なんでここに来ようと思ったの?」


 木々の間から差し込む弱々しい光が、薄い影を作り出している。不気味なだけではない、どこか非日常のワンシーンのような、日常とかけ離れた森の中。


 呑み込まれそうだ、と僕は思った。だが、すぐに思いなおす。呑み込まれるのは僕のような人間ではない。例えばそう、まさに―――樹みたいな人間だ。


「探検したかったんだよ。言っただろ? 小学生最後の夏休みの思い出作りだ」


「……」


「単純に、本当に、それだけの理由。たまにはアウトドアな夏休みも良いだろ? インドアさん」


 思わず苦笑が零れる。確かに僕は、完璧なまでにインドア派だ。夏休みの間は、特に。


「……なんたって、最後の夏休みだからな」


 そう言った樹の声は、妙に冷めて聞こえた。



 僕は小三のときに、この町に引っ越して来た。三年二組の男子の中で、一際輝いていたのが樹だ。樹は真っ先に僕に声をかけてきて、そして僕らは親友になった。


「ずっと続いてるね、この道」


 後ろにいる零たちと違って、黙々と歩き続けていた僕と樹だが、流石に一時間も歩き続けて黙りこくっているのも親友としてどうかと思ったので、僕は口を開いた。正直歩くのがダルすぎて声を出すのも面倒だったのだが、この沈黙に耐えられるほど僕も人の道を外していない。


「屋敷とか、なさそうだけど」


「…………」


 樹は返事をしなかった。


(
おかしいな)


 いつもなら、「うるせーよ、見つからないのも探検の醍醐味だろ!?」とか言うところだというのに。


(
さすがに樹も疲れて来たか?)


「やっだなあイチ! 馬鹿でしょそれは!」


「うるさいな、さっきから馬鹿とか言いすぎだろ!」


「あはは」


 ……後ろの三人は凄く元気だけど。


「あ!」


「? どうかし、」


「家がある!」


「え、マジかよ」


「本当にあったんだ……!」


 ずっと樹の背中を見ていたから気付かなかったが、前方に古びた家が建っているのが見えた。屋敷と言うほど大きくは無いが、小屋よりは立派だ。屋敷のような外観はそのままに、小さくしたような感じ。ただし、建ってから長い年月が経っているのだろう、かなり脆そうだった。


「屋敷、って感じではないね」


「だけど幽霊が出そうな雰囲気はある」


「入ってみるか?」


 樹が家に近付き、扉に手をかける。


「……駄目だな、鍵がかかってる」


 窓も全て木の板で塞がれているようだった。


「地味に拍子抜けだなぁ」


「夜にこの家を見たら怖いだろうけど、中に入れないしね、窓も閉まってるし」


「道もここまでで終わりだ」


 はぁ、とため息をつく。正直、無駄足だった。


「疲れたし、とりあえずここで一休みしようよ。あとは帰るだけだし」


「そうだなー」


 適当なところに腰を下ろし、持参した水筒のお茶を飲む。


 樹と零は家の周りや茂みなどを探索しているようだ。


「それにしても、この家なんなんだろうな」


 イチの呟きに、今井さんが頷く。


「大人数は住めなさそう……一人くらい、かな?」


 釣られて僕も家を眺める。確かに、謎だ。


 ―――そのときだった。


「んな……っ!?


 零の小さな声が聞こえて、僕らは一斉に振り向いた。僕らが座っている反対側、正面から見て家の左側の茂みに、零と樹が立っている。


「どうした?」


 返事がない。


 今井さんが立ち上がり、続けてイチと僕も立った。


「何があ―――っ!?


 樹と零の間から覗き込んだ今井さんとイチが絶句し、今井さんは腰が抜けたかのように座り込んだ。


「どうしたの?」


 僕も同じように間から覗き込む。


「―――まさか」


 思わず僕も絶句した。


 ―――そこには、人間の死体が転がっていた(・・・・・・・・・・・・)

 


...
ⅲに続く
 

拍手[0回]

PR
 


 ―――その夏、僕らは死体を見つけた。



 じりじりと、暑苦しい太陽の光と蝉の声が僕らを突き刺す。


 アスファルトから陽炎が立ち昇る中、僕は眼の前を悠々と自転車で走り続ける背中を眺めた。


 親友であり、同じ六年三組のクラスメイト、葛原(くずはら)(いつき)。自転車を漕ぎ、汗を垂らしながらも楽しそうに走り続ける彼の姿はまさしく小学生で、僕を複雑な気持ちにさせた。彼は来年も、こうして炎天下の中、楽しそうに自転車を漕ぎ続けるのだろうか。


 僕の後ろには同じく六年三組の女子、(ぜろ)とその親友の今井さん、そして零の男子友達であるイチが続いている。


 一列で自転車を漕ぎ続ける小学生たち。向かう先は―――古谷の森。



 夏休みというものが、僕はあまり好きじゃない。夏休みだからと言って騒ぎ立てるクラスメイト共が好きじゃないし、何より暑いのは苦手だ。


 蝉もスイカも海も嫌いで、夏祭りもあの喧騒さとうだるような熱気が大嫌いだ。


 だというのに、どうして僕は今、夏休みを満喫しているんだろう。


 何度拭っても噴き出してくる汗、背中に張り付くシャツの気持ち悪い感覚、耳から離れない蝉の鳴き声、アスファルトから立ち昇る陽炎、そして夏休みには欠かせない友人たち。夏休みの代名詞ばかりが揃っている。


 

 古谷の森に行こうと言い出したのは、樹だった。


 古谷の森はこの町の外れにある、鬱蒼とした森だ。本当は名無しの森だが、いつの間にか古谷の森と呼ばれるようになっていた。この町は田舎というほど田舎なわけではないが、この森を見る限り、緑に
は満ち溢れた町である。


 まだ人の手を入れていない状態の森は若干不気味で、危険だから決して入らないように、と言われている。実際、あまり近付きたくない雰囲気を放っているため、ルール破りが大好きな小学生(特に五、六年生)ですらも足を踏み入れない。


 そんな場所に、どうして樹は行こうと思ったんだろうか。建前は「探検をしてみたいから」と「小学生最後の夏休みを満喫したいから」だったけど。


 それについて来る僕らも僕らだが、それはまあ暇だったから、というのが六割の理由で、残り四割は樹を気に入っているから、だろう。


「そろそろ着くぞ!」


 樹の明るい声で、僕は思考回路から一旦抜け出した。あまり考えすぎると気持ち悪くなる。


「あそこに自転車止めようぜ」


 入り口、というほど整ったものではないが、まあそこから入れるだろうというところの付近を樹は指差した。さすがに森の中じゃ自転車は無理だ。


「全く、面白くなかったらあとで蹴るからな、樹」


 疲れたように零が樹に言った。確かに、息をするのもダルくなるくらい暑い日に駆り出されたのだ、楽しくなかったら僕だって承知しない。


「大体、探検って何するんだよ?」


 零の言葉に重ねるように言ったイチの言葉に、樹はニヤリと笑った。


「実はこの森の中に古びた屋敷があるって噂なんだよ。聞いた事ないか? それを俺は見てみたいんだよ! 大丈夫、絶対面白いって。何せ幽霊やら妖怪やらが出るって噂だし、単純に面白そうだろ? 初めて入るところが面白くないわけがない!!


 いつもながら自信たっぷりである。


(
というか、そんなに森の噂あるのか……)


「その噂、ほんとなの? この町の人で古谷の森に入った事のある人なんて、片手で数えられる程度しかいないと思うけど……」


 今井さんの最もな意見。だが正直、幽霊や妖怪が出たり、謎の屋敷があったりしてもおかしくない雰囲気ではある。


「そうだ、確かにその通り! 所詮はただの噂だ。だからそれが本当なのかを確かめに行くんだよ! 噂が真実か否かを確かめる。これこそ探検の醍醐味ってもんだろ」


「まあ……確かに面白そうかも」


 零の賛同に、今井さんやイチも小さく頷きあう。その様子を見て、樹は満足げに笑みを零した。


「じゃあ満場一致で古谷の森探索開始! 良いよな?」


 全員の視線が僕に向く。


「ああ、勿論。そうじゃなきゃここまでついて来てないよ」


 僕の言葉に、樹の表情の輝きが増した。


(
実際のところ、僕も実はここには来てみたかったしね)


 全員の賛同を得て、樹はくるりとターンし森を真っ直ぐに見すえた。


「それじゃあ、行こうか」


 ―――こうして僕らは、古谷の森に足を踏み入れた。そしてそこで、幽霊や妖怪なんかよりも衝撃的なものを見る。



...ⅱに続く

 

拍手[1回]

世賭翠


光音さんから頂いた世賭と翠。私の誕生日をスルーしたお詫び絵?←
まぁ、普通に誕生日絵ってことで…

世賭はこういう服が似合うよねっていう双方納得の服装であります
ほんと好きだなこの人のセンス。

本当に有難う御座いました、これからも宜しく光音さん。

拍手[0回]



不意に思い立ってオリキャラをタロットカードの大アルカナ22枚に当てはめてみた。
んな無駄な事するぐらいだったら小説更新しろよって感じですが、息抜きですry
ちょっと小説の更新は少し後になってしまいそうだけれども…申し訳ございません。
結構意味とか含め真面目に考えましたが、あくまでもイメージです。
重複もあるし、下剋上キャラじゃないキャラも含んでおります。しっくりこないやつもあるかも。


 0 愚者-鎖月世賭
 1 魔術師-黄昏時
 2 女教皇-折崎茉莉
 3 女帝-鎖月家十一代目当主
 4 皇帝-鎖月瞑
 5 教皇-凍城要・棗
 6 恋人-カイン=ルー・黒宮詩騎
 7 戦車-ルーク=アザゼル
 8 正義-睦月理世
 9 隠者-凍城翠
10 運命の輪-アリカ
11 力-ロキア=アリストルイヴ
12 吊るされた男-黒宮芦騎
13 死神-鎖月聖
14 節制-鎖月世賭
15 悪魔-鎖月瞑
16 塔-紫俄葵
17 星-凍城翠
18 月-月城夕
19 太陽-アリカ
20 審判-雪慈
21 世界-リコリス=アースガルズ



参考資料(ウィキペディア)-http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89


拍手[0回]

 


「夢で遊ぶの、とそれは言った」


「夢に踊れと哀れな人形を操る」


「ここは誰かの夢の中。殺意しかない夢の中」


「ただ、悪夢だけをみて」


 


 ……そう、誰かが言った。


殺意の中で

 


 正体が見えない夢。映し出すものを失った夢。この夢の主は、本来の自分を見失っている者。


「つまりは、本人ですらも自分の正体がわからないんだ。自分を持っていないから、こんな世界になっちまった。誰かの夢をパクったような、何も無い白ってわけじゃねぇ感じがそこらへんを表してる」


「…そうね。(あるじ)はわかりきってる。“あれ”しかいない……」


 あぁ厭きた、と呟く。わかりきった犯人を見つける事ほどつまらないものはない、と黒は思う。


「なら…、」


「あ?」


「動機は……? どうして“あれ”はこんな事をしているの」


 殺すため
―――ではないのはわかっている。“あれ”がよりにもよって、鎖月(さづき)(ひじり)の命を狙うはずが無いのだ。


 風も無く空気が流れている。時が止まったように二人のいる空間は切り離されている。


 音も無く振る積もらない灰色の雪は、この空間にだけは降って来ない。


「“あれ”の意思ではない、とかな」


「……成程」


 
―――刹那。


 空気の流れが変わった。


 何者かが切り離された空間に入り込んだ気配。


 二人は、ゆっくりと“それ”を見据えた。


「………貴方ね、“犯人”は」


 正解、と言う、かすれた声が空間に響いた。


 

 


 一際、積もらぬ灰色の雪が降っている場所に交差点(クロス)は出た。


 音も無く、風も無く、積もらぬ雪はまるで吹雪のように激しさを増している。


(
激しさなんて一ミリも感じさせねェが)


 大粒の牡丹雪は空間以外のモノに触れると消えてゆく。


 まるでそれは、積もる事を知らないような。


「ちっ、」


 鮮やかな緋色の瞳が、何かを捉えた。


 色彩の無い世界に現れた、マンダリンオレンジの何か。


「舌打ちは良くないで? ……幸せが逃げてまう」


 ルーク=アザゼル。


 うろ覚えではあったが、そんなような名前であったと記憶している。


 先程、吹っ飛ばされる前に見たときは覚えていなかったが
―――直接対峙したのは、今が初めてなのだ。


 灰色の雪の中、髪色と同じ鮮やかな橙色のマフラーが(なび)く。


(
―――靡く?)


 音も無く、風も無いというのに…?


「おい、」


「くくっ、ははは」


 笑い声を残して、姿が消える。


 一瞬にして、ルークは交差点の頭上に移動し大鎌を振り下ろした。愛架(あいか)とは違う、哀愛架よりも大きく飾り気の無い冷徹な大鎌。


 しかし、そんな不意をついた攻撃も交差点には無駄だ。自身の反射能力で、逆にルークを吹っ飛ばす。


「そうやった、お前の能力は反射やったなぁ」


 空中で体勢を変え、上手く着地したルークは笑いながらそう言った。


 何を笑っているのだ、と思いながら、そういえば俺はコイツの能力を知らない、とも思った。


「反撃開始、やで?」


 思いっきり地を蹴り、刈るように鎌を大きく横に振る。


 交差点は、反射で避けた。……つもりだった。


「が、ァ…ッ!?


 切り裂かれる自身の服と肉。鮮血が噴き出す様を、眼を見開いて見つめる。


「ぐ、……ンな、」


 痛みを無視して銃を取り出し、撃つ。


―――無駄やって」


 撃ったはずの銃弾は、交差点のほうに向かって撃ち込まれた。


「ぅ、ぐァ…っ」


 何故、と呟く。


 今、確かに自分は反射したはずで、そして相手に向かって撃ったはずなのに。


「て、めェ…ッ……無効化と、反射かよォ…っ!」


「ご名答やけど、ちょいと違うんやなぁ」


 
―――万物を“調和”する能力、と彼は言った。


「あらゆるものを無効化し、無効化したもんをコピー出来る能力みたいなんやけど、俺にもようわからん能力や。お前の反射能力を無効化し、コピーしたんやけど……能力だけやない。例えば重力を無効化して重力の性質を持つ事も出来るみたいでなぁ」


 つまりは何でもアリやな、と付け加える。


 反射で銃弾を取り除き、交差点は忌々しげに盛大に舌打ちをした。


「際限がなさすぎる上、俺自身もわかっておらん能力なもんやから、あんま使わんようにしてるんやけど……お前相手じゃそうも行かんから。能力なしで戦っても俺は強いんやで? 自分でゆうてまうけど」


 それは、交差点が肉弾戦においてルークに負けるであろう事を示唆した言葉だった。


(
クソ、)


 きっとその通りだろう、と思う。


 相手が強ければ強いほど、交差点は強くなれるが
―――それは能力によるものだ。全く肉弾戦が出来ないわけではないが、眼の前の敵には負けるだろう。


(
こいつは夢の主が作り出した幻影なのか)


 それとも、夢の主なのか、それとも、夢の主に加担しているのか。


(
そんなの、知った事じゃねェ)


 気がつけば眼の前にルークはいて、鎌の切っ先がこちらに向けられていた。


 思わず反射するが、それは効果を発揮せず。ぎりぎりで避けたが掠ったのか、横腹から血が流れ始めた。


 再度振り翳された鎌を銃で受け止め、即座に離れて間合いを取ろうとするが、詰め寄られてしまう。


 蹴り上げようとした足は受け止められ、鎌の柄から伸びる鎖鎌で斬り裂かれた。


「っぐ、」


 交差点の眼よりも鮮やかな血が、灰色のアスファルトに滴り落ちる。


 色の無い世界に血色が増えた、と、ぼんやりと思った。


「無様やなぁ、交差点よォ」


 普段よりも幾分か低い冷酷な声が、交差点の耳に届く。


 交差点に向かって大鎌が振り翳されたが、もう止めなかった。


 振り下ろされる大鎌、斬り裂かれる
―――否、斬り裂かれなかった。


―――、」


 鈍い金属音、振り下ろされた大鎌を受け止める刀の音。


 交差点の前に立つ人影、日本刀を構えた
―――鎖月聖。


「何や、良いタイミングやな」


「人を痛めつけるような嗜虐趣味、お前にあったっけ?」


 ま、そんな事わかるほどお前と話した事はないけど。


 気怠げに話す姿を、苦笑混じりでルークは見た。


 密着していた鎌と刀が離れ、後ろに跳んだルークを鋭い眼で見据える。


「どうやったかなぁ」


「お前はどっちかって言うと、前線にいながら後ろで大々的に工作してるような奴だと思っていたけど。違うって事は、私が間違っているのかそれとも
―――


「ニセモノなのか、ってか?」


 にや、とルークが微笑む。それを見て、嫌悪感を露わにした、軽蔑しきった表情を聖は浮かべた。


―――私も夜に会った。お前も会ったんだろう?」


 今度は交差点に話しかけているらしい、相変わらず振り向きもせず聖は尋ねる。


「あァ」


「私は夜に夢の主が誰かを聞きだして
―――交差点と会ったって聞いて、こっちのほうに行ったってあいつが言うから来てみれば、このザマだ」


「うるせェよ。……つか、聞き出せたのか」


「まぁね。嫌だったけど、仕方ない」


(嫌だったけど(・・・・・・)
、か)


 恐らく何らかの手を使ったのだろう、と思う。聖と《夢喰い(メア・イーター)》は以前からの知り合いのようだから。それに、時雨と聖は仲が良い。何かしらの交換条件が、聖になら出せるに違いなかった。


 それが彼女にとって、あまり好ましくない交換条件であったとしても。


(
それよりも好ましくない状況だしなァ)


「ところで、交差点」


 不意に今まで振り向かなかった聖が、振り返った。珍しく純粋な笑みを浮かべて、交差点を見下ろす。


「ただでさえでけェんだ、上から見下ろすンじゃねェよ」


「相変わらずの大口だな、私に庇って貰ったくせに」


「たまたまオマエが割り込んで来て、俺が助かったってだけだ」


「あ、そ。それで、交差点」


 また、視線が前方に戻る。


「こいつは私が殺って良いかな」


 冷徹な声色の中に、あろう事か楽しげな憎しみも混ざっていた。


「……好きにしろ」


「敵討ちってわけかいな、鎖月聖」


「五月蝿い」


 眼の前に立っていた人影が消えた。


 大鎌が振り上げられる間に割り込み、ルークの身体を斬っていく。


 血が噴き出す。


 斬る、斬る、斬る、圧倒的な斬撃。


 ルークが反射を使う。


 しかし、その反射は無効化されたかのように、聖の日本刀はルークの身体を貫いた。


 理屈は簡単だ、寸前で刀を引き戻したのだろう。


「所詮、その反射もお前自身も偽者だ」


 吐き捨てるように言う。


 灰色の世界が鮮血に染まる。


「コピーの反射なんて交差点の反射に比べたら格下も良いとこだし、本物のルーク=アザゼルに比べてお前は圧倒的にクズだ」


 薄ら笑いを浮かべたルークの姿が消えて、血だけが道路に残った。


「ま、交差点の傷ついた姿が見られたのは面白かったけど」


 この女、ぶん殴ってやろうかァ、と思わず呟いた。


 
―――色彩の無い世界に、また一色。



>>06に続く

拍手[0回]

1  2  3  4  5  6  7  8  9 
Admin / Write
Calendar
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
Name:在処(arika)
Sex:女
Birth:H7,3,22
Job:学生
Love:小説、漫画、和服、鎖骨、手、僕っ子、日本刀、銃、戦闘、シリアス、友情
Hate:理不尽、非常識、偏見
Twitter
NewComment
[08/17 在処]
[08/16 曖沙]
[08/16 曖沙]
[08/15 在処]
[08/15 曖沙]
Counter

FreeArea
FreeArea
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Barcode
忍者ブログ [PR]