忍者ブログ
せんそうとへいわ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 

 ―――何が、いけなかったのだろう。

 ―――何が、駄目だったのだろう。

 ―――きだった、はずなのに。

 ―――それも全て、終わったはずなのに。

 ―――自分には、わからなかった。

 ―――少年には、わからなかった。

 ―――わからなかった、のだ。

 ―――どうしても。

 

 

 カルコラーレファミリー。『計算する』という意を持つそのマフィアは、現在十五歳の少年が首領(ボス)を勤めている。

 少年の名は、閑廼祇徒。生まれてきたときから、マフィアのボスとなることが義務付けられていた少年。

 

(わかっては、いたんだ―――それが、どういうことかだなんてさ)

 

 わからなかったのは全て、あの少女の事だけだ。

 

(マフィアってもんがどういうものなのか、あいつだって理解していたはずなのに)

 

 ただ、わからないだけなのだ、祇徒は。

 

(どうしてあんなに苦しそうな顔をするのかが)

 

 敵対しているはずなのだ。憎んでいるはずなのだ。もう、終わったはずなのだ。

 なのに。

 

(たまに俺にだけ見せる、あの表情。悔やむように悲しむように―――)

 

 きだった、少女の事が。

 

(今でも大切には想ってる)

 

 だが、あのときあの瞬間に―――終わったのだ、もう。祇徒にとっては、全て終わった事でしかないのだ。

 

(でももう、それ以上の感情はねぇんだよ)

(お前もそうじゃなかったのかよ? なあ、)

 

 閑廼祇徒は短気で口が悪くぶっきらぼうで、でもとても優しい少年だ。だが、彼には彼自身気付かない、残酷さがある。

 所詮は、生まれながらにしてマフィア側に染まりきった人間だという事なのだ。

 

 ―――少年にはわからない。少女は自分とは違うという事に。少女はあの感情を捨て切れていないという事に。

 ―――少年にはわからない。自分では終わった事だとしても、少女にとっては終わっていないという事を。

 ―――少年にはわからない。結局のところ、そこに“”は無かったのだという事を。

 

「・・・麗、」

 

 ―――少年には、わからない。

 

 

の神様は失しました

(要するに、の神より運命の神が強かったって事だろ?)
―――少年にはわからない。それ自体が、間違っている事に。
 


曖沙さんの『初恋』に触発させられて書いてしまった。やべぇ、我ながらわけわからねぇ。
曖沙さんの『初恋』が読みたい方は、リンク先よりどうぞーw

因みに。お題提供は不在証明様です。いつもいつも有難う御座います。

拍手[1回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
すご…っ!!

ちょ、祇徒さん!かっこよすぎるぜ!!
曖沙 2010/01/29(Fri)22:38 編集
無題
曖沙さん>いやいや、きみの『初恋』のが凄いでしょ!!
こっちストーリー性ねえしry
あれだ、祇徒は…かっこいいんだよ、きtt(
夜零 在処 URL 2010/01/30(Sat)09:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 56  53  52  51  50  47  49  43  40  37  36 
Admin / Write
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
Name:在処(arika)
Sex:女
Birth:H7,3,22
Job:学生
Love:小説、漫画、和服、鎖骨、手、僕っ子、日本刀、銃、戦闘、シリアス、友情
Hate:理不尽、非常識、偏見
Twitter
NewComment
[08/17 在処]
[08/16 曖沙]
[08/16 曖沙]
[08/15 在処]
[08/15 曖沙]
Counter

FreeArea
FreeArea
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Barcode
忍者ブログ [PR]