忍者ブログ
せんそうとへいわ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 

 激しい攻防が繰り広げられていた。


 少女と少年が、大勢の黒ずくめの集団に武器を振るっている。

 


(
中小マフィアだからと言って舐めていましたね―――こんなに大勢だなんて、聞いていない)

 


 少女は忌々しそうに小さく舌打ちをすると、自身の武器である扇を握り直し、真っ直ぐに前を見据える。

 


(
でも、倒れるわけには行かない―――私は、ボスなんですから。仲間が、いるんですから)

 


 ボス。


 少女
―――蓮漣麗。


 彼女は、ヴェンタッリオファミリーのボスだ。

 


(
限界が近い―――私も、葵さんも相当攻撃を……血を流している)

 


 共に戦っている少年、紫俄葵を横目で見やる。


 二つの刀を振るい、敵を薙ぎ倒していっているが、攻撃を防げていないのは明らかだった。黒い服にところどころ、濃い染みを作っているのがわかる。

 


(
倒れるわけには行かないんですよ)

 


 護らなければならない。守らなければならない。なんとしてでも、何があろうとも。

 


 
―――そのときだった。

 


「ボス
―――ッッ!!!」

 


 葵の声が聞こえて、麗は自分に銃を向ける男の姿を確認した。

 


「っ……!!」

 


 
―――銃声。


 前を横切る人影。

 


「あ、葵さん……ッ!!!」


「っく……ぁ、」

 


 葵の腹部から溢れ出す大量の血を見て、目の前が真っ暗になった。

 


「そんな、葵さん、……っ!!!」


―――麗、」

 


 ぐ、と。


 苦しげな、でもはっきりとした声で。


 いつも呼ばれる「ボス」ではなく
―――自身の名を呼ばれて、麗は葵を見た。

 


「良いかい、麗。まだ倒れちゃ駄目だよ」


「あ、おい……さん、」


「僕が道を作る。必ず君を護る。僕がずっと傍にいるから」


「葵、さん
―――


「……麗、君は
―――まだ、そこで戦える

 

 


 だから、走れ。突き進め。倒れるな。

 

 


(
わかってます)

 


「じゃあ、行きますよ
―――葵さん」


「うん」

 


 今一度、扇を握りなおして。

 


 
―――走った。


 
―――奔った。


 
―――疾った。

 


(
私は護られているんですよね。だから、護るんです)

 


 守られているから、守るのだ。

 

 


 葵が眼の前を走っているから。血を流しながら、刀を振るい続けているから。


 だから、自分も扇を握り締めて
―――戦う。

 


(
絶対に、倒れません)

 


 襲い来る者たちを薙ぎ払っていく。

 


(
絶対に、勝つんです)

 

 


右腕に抱えた利の女神

(貴方が傍にいる限り、私は絶対に倒れません)





新年明けましておめでとう御座います。

新年初の更新がこれって……←


この話は以前うpった麗が一人で戦う話の前日談的な話です。
今度こそロキア過去編うpりたい…((

拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 100  99  98  97  96  95  94  93  92  91  90 
Admin / Write
Calendar
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Profile
Name:在処(arika)
Sex:女
Birth:H7,3,22
Job:学生
Love:小説、漫画、和服、鎖骨、手、僕っ子、日本刀、銃、戦闘、シリアス、友情
Hate:理不尽、非常識、偏見
Twitter
NewComment
[08/17 在処]
[08/16 曖沙]
[08/16 曖沙]
[08/15 在処]
[08/15 曖沙]
Counter

FreeArea
FreeArea
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Barcode
忍者ブログ [PR]