忍者ブログ
せんそうとへいわ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 

 戦う意義なんて知らない。


 戦う理由なんて判らない。


 戦う意味なんて見えない。

 


 ……それでも戦うのは
―――


 

 

戦場は

 

 


 「あれ、貴方は……ヴェンタッリオの」


「あ」

 


 ある日の昼下がりの事だった。


 ヴェンタッリオのボスである蓮漣麗、そして幹部の蓮漣秦、ソルト・ヴァルヴァレス、紫俄葵の四人がそれぞれ任務に赴いていて、同じく幹部の桐城昴は暇潰しに散歩に出ていた。


 そこで
―――敵対マフィアであるカルコラーレファミリーの幹部の一人、同じ術士の楼上透離と出くわした。

 


「お久しぶりですね。散歩ですか?」


「あ、うん。暇でさー」


「奇遇ですね、私もです。任務に出ている方が多くて」


「同じ!」


 

 にこやかに微笑みながら会話する二人。


 以前出会ったときも、このように和やかに会話をした。敵対関係ではあったが、仕事中ではないので気にしない。どうも話が合う二人なのだ。

 


「天気が良くないね。散歩に出るときは凄く晴れていたのに」


「そうですね。そろそろ降り出すかもしれません」


「そういえばソルトが言ってたなぁ。今日から一週間、天気あんま良くないんだって」


「嫌ですね、雨は好きですが曇りは嫌いですし、雨が続くと色々困ります」


「へぇ、雨好きなの?」


「……えぇ、」


(
? 何だろう、この間)

 


 雨が好きだと答えた彼女は、苦笑混じりの笑みを浮かべた。

 


―――この前、任務に出たのですが」


「え? …うん」


「簡単な任務だと思っていたのですが、意外に難しくて。梃子摺ってしまっていたんです」


 

 澄んだ銀色の瞳が、すっと細められた。


 髪よりも少し濃い、綺麗な銀色の瞳。

 


「私は少し怪我を負ってしまって。私は術士としての才能はあると自負しているのですが
―――自惚れだと言われたらお終いですけれど」


「…そんな事、ないよ。君の幻術は凄いと思う」


「有難う御座います。それでですね、私は、術士としては強い方ですが、戦闘能力として考えるとそこまで強くありません。幹部の中では、最下位です」

 


 それが、最初は
―――悔しくて、申し訳なくて、劣等感を抱いていました。


 静かに微笑んで、透離は言った。

 


「でも、ボスが優しい言葉を言ってくれました。だから、私は劣等感を抱くのをやめた。でも、それでもこういうピンチのときは困りました。本当に、死ぬかと思った」


「助けに、来てくれた……?」


「ええ、助けに来てくれました。私は、実のところ、戦うのがあまり得意ではありませんから、戦うこともあまり好きではないんです」


「そう、なの?」


「はい。でも、私は結局戦ってしまうんですよね。大切な人たちを護る為に。それを、今回の件で実感しました。私の戦う理由は、誰かのため」

 


 
―――貴方の戦う理由は何ですか?

 


 黙った昴から眼を逸らし、透離は空を見上げた。

 


「……雨が降り出す前に帰ったほうが良さそうですね」


―――そうだね、大雨になりそうな予感」

 


 じゃあ、また。


 昴はにっこりと微笑むと、透離に背を向けた。

 


 
―――雨はその晩から降り出した。

 


 



 「ただいまー」


「お帰りなさい、昴さん」

 


 笑顔の麗に迎え入れられ、昴は笑顔を返した。

 


「任務、お疲れ様です。怪我がないようで何より」


「うん。他の皆は?」


「秦君とソルトさんはまだ任務中で、レンさんは昴さんより一足早く帰って来ました。葵さんと二人で、トランプをしていましたよ」


「えっ、トランプ!? 僕もやりたいのに!!」

 


 くすくすと笑う麗を恨めしげに見つめ、昴はすぐに自室へ走って着替えをし、葵とレンのいる居間へと向かった。

 


「あ、お帰り、昴」


「お帰り」


「ただいま。トランプ、僕も入れてよ」


「言うと思ったよ」

 


 ソファに座ると、手札が配られるのをじっと待つ。

 


「そういえば、カルコラーレの術士がさ」


「え?」

 


 急に話し出した葵に、思わず間抜けな声で返してしまう。


 レンは何の話か知っているのか、無表情で手札を配っている。

 


「……カルコラーレの、術士?」


「そ。今日、その子と下の人たちが戦ったらしくて。結構手酷くやられたんだって。だから、次会ったら……わかるよね?」

 


 突き刺さる言葉。


 カルコラーレの術士といわれて、思い出すのは彼女しかいない。


 彼女
―――美しい銀髪を持つ、雨が好きだといった少女。

 


「楼上、透離の事……?」


―――そういえば、昴はその子と仲が良かったね」

 


 嘲笑じみた、葵の笑みが、酷く歪んで見えた。

 


 


 自分の戦う理由は、わからない。


 わからないけど、きっと透離と同じ。皆、同じ。


 麗ちゃんも秦もソルトもレンも葵も。


 誰かのために、戦っている。

 

 

 


「来ると、思っていました」

 


 叩きつけるように降る雨の中で対峙する二人
―――昴と透離は、酷く醒めた眼でお互いを見つめていた。

 


「私を殺しに来たのでしょう?」


「……違うよ」

 


 大雨はまるで霧のように、辺りを霞ませていた。


 その中で、透離が少し意外そうな顔をしたのがわかった。

 


「僕は、君と戦いに来たんだ」


「……なるほど、そういう事ですか」

 


 ならば、受けて立ちましょう。

 


 瞬間
―――雨の中から、美しい歌声が聴こえ―――巨大な銀色の鳥が現れ昴を襲った。

 


「“幻想曲《ファンタジア》”」


「戦う意義も意味も理由もわからないよ」

 


 それを自分の幻術で相殺し、昴は叫ぶように言う。

 


「僕も戦う事、好きじゃないのかもしれないって思った」


「いいえ、貴方は違います。私とは、違います」

 


 雨の中、お互いは一切動かずに
―――ただひたすら、幻だけが激しく攻防を繰り返している。

 


―――私が、雨が好きな理由……“鎮魂歌《レクイエム》”」


「え? …っ!」

 


 昴の幻術が怯んだ隙に、透離が畳み掛けるように攻撃をする。

 


「私の幻術の師匠が、雨とつく名前だったからです。…単純でしょう?」


「っ……そう、だね」

 


 二人の姿が霧に紛れた。

 


 刹那
―――二つの、銃声。同時に放たれた幾つもの銃弾が、二人の身体を突き抜けていった。

 


「がはっ……、」


「っく…!」

 


 雨が二人を突き刺すように、激しく降り注ぐ。

 


「雨は
―――師匠の事を思い出して、好きだけど、辛くて、そして……痛いです」


「……」

 


 不意に、雨の中、傷だらけの身体で外に放り出された母の姿を思い出した。


 そして
―――絶望で放心状態になった母の姿と、惨めにふらふらと歩いた幼い過去の僕。

 


「雨は……痛いね」

 


 焼け付くような痛みと、眼に痛い赤と。


 それと、遠くから聞こえる
―――自分の名前を呼ぶ声。

 


「昴!!」


「透離!!」

 


 ああ、来てくれた
―――そう思って、昴は眼を閉じた。

 


―――だから、戦うんです」

 


 少女の美しい声が、鼓膜の底へ吸い込まれた気がした。


END

久々の更新、書きたかったお話です。
昴の口調とか実はまだ掴めてないよ!! ごめんね曖沙さん!!←


とりあえず、次回はロキアの過去話あたりうpできたらいいなー。



お題は不在証明様からお借りいたしました。毎度有難う御座います!

拍手[0回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
いや、大丈夫!掴めてる!
君、大丈夫!!

ちょっと私も書こうかな…
曖沙 2010/12/22(Wed)22:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 98  97  96  95  94  93  92  91  90  88  87 
Admin / Write
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
Name:在処(arika)
Sex:女
Birth:H7,3,22
Job:学生
Love:小説、漫画、和服、鎖骨、手、僕っ子、日本刀、銃、戦闘、シリアス、友情
Hate:理不尽、非常識、偏見
Twitter
NewComment
[08/17 在処]
[08/16 曖沙]
[08/16 曖沙]
[08/15 在処]
[08/15 曖沙]
Counter

FreeArea
FreeArea
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Barcode
忍者ブログ [PR]