忍者ブログ
せんそうとへいわ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 


 ただ、深い湖の底に沈むように。


 …夢へと、堕ちて行くのだ。


 

永久的トートロジー

 


 ヒグラシが鳴く森の中存在する、鳥居。


 何十、何百、何千、何万と続く、赤い鳥居の道を、一人の少女が歩いていた。


 ――― 鴉の様な漆黒の髪を揺らし、深紅(あか)を纏った少女。

 


「ここは夢、ね」

 


 夢。現実ではない、いわば誰かの心の中。


 世界は幾つもの世界に枝分かれしている。その分岐点であり、中枢世界が夢だ。


 そして一人ひとつ、夢が存在する。まるで部屋のように、一人ずつ夢の世界が存在している。ここは、誰かさんの夢の世界。

 


They told me you had been to her, And mentioned me to him; She gave me a good character, But said I could not swim.

 


 口ずさむように、《小さな紅き魔女(リトル・スカーレット・ウィッチ)》は謡った。紅いエプロンドレスが鳥居に当たるのも気にせず、優雅に舞いながら、だが確実に歩み続けている。

 


He sent them word I had not gone,


「随分と機嫌が良いですね、《暗黒のアリス》」

 


 不意に後ろから、自分の二つ名を呼ばれて、少女は謡うのをやめ振り向いた。


 そこには、闇を映したような漆黒の髪を持つ少年が立っていた。

 


「今、貴方に二つ名を呼ばれて機嫌が悪くなったわ」


「それは申し訳ないですね。じゃあ、《下剋上のアリス》? 《最強君主》? 《深紅の魔女(スカーレット・ウィッチ)》? 《暗黒の女王(ダーカーオブクイーン)》? 《血染めのアリス》? 《千年魔術師》? それとも…」


「私の名前はアリカよ。それ以外の何者でもない。それらは下種な人間共が勝手につけたものだし」


「そうですね、その通りだ。下種な人間たちは何もわかっちゃいませんからね。大体、《千年魔術師》は本来俺につけられるべき二つ名です」


「その通りね。単に『魔術師』だけで考えたら、最強なのは貴方だわ――― 黄昏時(トワイライト)

 


 黄昏時(トワイライト)と呼ばれた少年は、暗闇の中でさえも妖しく光る碧い瞳をきらめかせ、アリカを見つめた。


 次第に弱まっていく落日の光が、最後の力を振り絞るかのように、二人に向かって光を刺す。

 


「それで、何の用? しばらくぶりだけど。最近、あの家(・・・)のお嬢さんにご執心らしいじゃない」


「あの子とは、単に俺が近しい距離感を抱く相手なだけですよ。ま、ご執心っちゃご執心かもしれませんけど」


「貴方が近しい距離感を抱くなんて珍しい。いつだってその茨で距離を測り、姿を偽り、細胞ごと相手を騙すくせに」


「否定はしませんよ」

 


 くすくすと、楽しそうに――― だが眼は笑っていない――― 黄昏時(トワイライト)は笑った。


 それをアリカは不快そうに見て、そしてまた歩き出す。紅いシルクハットを深く被りなおし、ただだけを身に纏って。


 ヒグラシは鳴き続けている。すっかり日の落ちた暗い森の中、鳥居にぶら下がっている提燈の明かりだけが道を照らす。

 


「ところで、あんたも俺と向かう先は一緒ですかね?」


「この鳥居の道は夢へと続く一本道。行き先が同じなのは出会った瞬間から判ってたでしょ? 判りきった質問をしないでよ、ウザいから」


「認めたくない判りきった事実だってあるんですよ。大体、あんたは違うかもしれませんが、俺は望んでここに来たわけじゃないんですから。急に夢に堕とされるなんて、たまったもんじゃない」


「私だって望んで来たわけじゃないんだけど。この夢が誰のものかは大体予想がつくけど、それにしたって夢なんて不確定で曖昧で、でも確立された世界に連れて来られるなんて最悪よ」

 


 歩いていくうちに、最後の鳥居が見えてきた。


 急にひた、と二人は声も足も止めた。呼吸する事も憚られるくらいの静寂に包まれる。

 


――― 着いた」

 


 最後の鳥居の先は――― 暗闇。

 


 


 ――― 深海と夢は似ている、と誰かが言った。

 

 


「久しぶりだね、」

 


 白い少年と白い少女が向かい合っていた。どちらも白髪で陶器のように白い肌、そして白い服に包まれている。違うのは、瞳の色。


 眼に痛いショッキングピンクの瞳と、暗い月光を映したような金色の瞳が、交差する。

 


「さて、君を殺してもいいかな」


「……皆、わたしを狙うけど。…誰もわたしを殺せない…」


「………はぁ。――― ねぇ、赫夜(かぐや)

 


 白い少女は赫夜と言う名であるらしい。名前を呼ばれ、小首を傾げた。ちりん、と、金色の簪についた硝子の鈴が鳴る。

 


「もうじき―――

 


 少年が口を開きかけた、その瞬間。


 遮るように、眼にも留まらぬ速さで何かが赫夜を襲い、捕らえた。

 


「茨……?」


「やっぱりここはあんたの夢でしたか。今日こそ、殺してやりますよ」

 


 腕から無数の茨を生やし、操っているのは――― 黄昏時(トワイライト)。その後ろから、呆れた表情のアリカが姿を見せる。

 


黄昏時(トワイライト)、血の気多すぎ。カルシウムちゃんと摂ってるの? 少しお話してから殺しあいましょうよ」


「嫌ですね。大嫌いですから」


「……嫌われるのは、慣れてる。……わたしは、《聖女》だから」


「もういいわ。それにしても久しぶりね、雪慈(ゆきじ)

 


 白い少年――― 雪慈が、くくっと喉の奥で笑った。いつの間にか服の下―――身体中に巻いている包帯のうち、両腕の包帯を地面に突き刺し、浮いている。

 


「元・皇帝にして900年近く生きている紅き魔女に、千年以上生きている、史上最高位の魔術師と、全てを操作する聖女……それと、僕か。随分と凄い役者が揃ったものだね」


「足りないわ。ここは夢……そうでしょう? 夢には欠かせない存在が足りない」

 


「そのとおりだなァ」

 


 不意に、誰のものでもない青年の声がした。


 全員が一斉に、同じ場所へ視線を向ける。


 そこには、不敵な笑みを浮かべた青年が立っていた。

 


「《夢喰い(メア・イーター)》……」

 


 茨に拘束されたままの赫夜が呟く。

 


「おいおい、今日は聖女さんを殺す会の集まりかァ? 言っとくが、俺は別に聖女にゃ興味ねェ」


「ちょっと。あんた、時雨のほうですね? 夢を操るのは夜のほうでしょう。どうしてあんたが、」


「俺は、今日は喰らいに来たんだ。大体、夜だろうと俺だろうと《夢喰い》は《夢喰い》だぜ。夢を司ってる事には変わりねェんだ、俺だって夢を操れないわけじゃねェ」

 


 夢を自由に行き来し、誰の夢の世界にも自由に入る事が出来、そして夢を喰らい夢を操る存在――― 夢喰い(メア・イーター)》。


 いよいよ、5人も人から外れた者たちが集まった。

 


「誰の計らいだ? 俺を含めて全員、黒幕にふさわしい奴ばっかじゃねェか」


「どうせこいつでしょう。判りきってる事です。自分を殺したい奴を集めて莫迦にする悪趣味をお持ちなんですよ」


「……否定はしない。殺せるなら殺してみて。………出来ないだろうけど」

 


 ――― 刹那。


 先端の尖った純白の包帯が、赫夜の胸に突き刺さった。ずぷっ、という音と共に、大量の血が滝のように流れ落ち始める。


 続けて、銃声。黒い拳銃から放たれた弾丸が、額の中心を突き抜けた。

 


「っ、がは…ッ」

 


 容赦なく、茨がぐちゃぐちゃと傷を抉る。とめどなく血が滴り落ち、全員が顔を顰めた。

 


「気持ち悪い」

 


 白い包帯と茨から解放され、支えるものをなくした赫夜の身体は血塗れの床に倒れ伏した。


 それを待っていたかのように、雪慈は幾多の鋭い包帯が赫夜の身体を突き刺した。

 


「あァァぁぁぁああああぁぁぁああぁぁッ!?

 


 焦げた匂い。魔術師である黄昏時(トワイライト)から放たれた炎が、赫夜を焦がし劈くような悲鳴を上げさせた。

 


「ざまぁないですね。無様だ」


「滑稽な姿だね」


「あ、あ、あ、あ、ぁぁぁああああぁあぁぁああああ!!!!


「煩いですよ。少し黙って下さい―――

 


 黄昏時(トワイライト)の瞳が、じわりと金色に光った。そして――― 少年であったはずのその姿が、一瞬にしてチェーンソーへと変わっていた。

 


「ふうん」

 


 シルクハットが落ちないように押さえながら、アリカがチェーンソーを拾い上げ、構える。それを視線で追っていた赫夜の瞳が、恐怖に見開かれた。

 


「あ、あ―――


「どーん」

 


 けたたましい音を鳴り響かせているチェーンソーが、少女の柔らかな肉を突き破り抉りぐちゃぐちゃに掻き乱して行く。血と肉片が飛び散り、どんどんと紅く染まっていった。

 


「あ、が、ががががぁぁあああぁあが、がはっぁあああああああああああああ!!!!!!!!!!!

 


 大量に血を噴き出しながら、骨が砕かれていく。最早、顔以外は原型をとどめていなかった。

 


「煩いよ、赫夜。少し黙って」

 


 ぐちゃ、と。包帯の先端が、赫夜の喉を突き刺した。

 


「っひ――― !?

 


 少女の悲鳴と共に、チェーンソーの音も鳴り止んだ。


 赫夜の白は全て血の色に染まり、肉片は原型をとどめておらず、紅く染まった骨は粉々に砕かれ、臓器は全てぐちゃぐちゃに掻き乱され、ハラワタは赤黒く光っていた。


 金色の瞳は虚空を見つめ、ひゅーひゅーと喉の奥が耳障りな音を奏でている。

 


――― ほんと、無様ですね」

 


 いつの間にか、チェーンソーからいつもの少年の姿に戻った黄昏時(トワイライト)が、蔑んだ目付きでそれらを見ていた。

 


「気は済んだみてェだな」

 


 終始黙ったままで、ただ何もせず血の届かない範囲に退散していた時雨が、ようやく口を開いた。赫夜に手をかけた三人が、時雨のほうを見つめる。

 


「この悪夢も、これにてお開き。美味しく俺が頂いてやるよ」


「そ。じゃあ、僕はお先に帰らせて貰うね。もうここには用はないし」

 


 さよならの一言も告げず、雪慈は無数の包帯を羽のように広げ、一気にどこかへ消え去った。

 


「じゃ、俺も。もうこの女には逢いたくないものですね」


「私もよ。願い下げだわ」

 


 続けて黄昏時(トワイライト)、アリカも夢から消えた。


 残ったのは、《夢喰い》と赫夜の肉片。

 


――― 頂きます」

 


 一瞬、ほんの一瞬だけ…歪んだ。ただ、それだけだった。

 


「……いつまで寝てる? ここは夢だ、夢ン中でも寝てるンじゃねェよ」


「……寝てるわけじゃない…起きれないんだから、しょうがない」


「ちっ、うぜェな。もう悪夢は俺が喰ったンだ。動けるだろうが」

 


 むくり、と。


 ぐちゃぐちゃであるはずの身体が、起き上がった。全ての肉片ごと、全ての血液ごと、文字通り――― 立ち上がった(・・・・・・)

 


「ほんと、どうやってんだァ? それ」


「…全てを操作できるだけの事。ただ、それだけ」


「相変わらず、意味不明だなァ。その操作の定義がわからねェ」


「定義は、全部。全て。…そのままの意味」

 


 肉片は血液と合体し、赫夜の言うところの操作により――― 元に、戻った。そう、文字通り…そのままの意味で。

 


「あいつらも戻る事がわかってて、よくやるぜ。あんなぐっちゃぐちゃに赫夜の身体を痛めつけようと、結局は元に戻るンだ。意味ねェのになァ」


「…さあ。でも痛みはあるから、楽しいんだと思う。……痛かった、凄く。物凄く」

 


 徹底した、無機質な無表情の中に、多少の狂気と恨めしさが浮かんでいた。


 完全体となった自分の姿を一瞥してから、赫夜は夢の出口へと足を向ける。

 


「…もう、疲れた。それじゃ、またね…時雨」


「あァ」

 


 ふ、と。夢に堕ちたときのように、一瞬にして現実へと戻っていった。

 


――― 所詮は夢だ。人格が存在し反映されたとしても、夢に変わりねェ。だが、同時に夢の定義がない事も確かだ。赫夜は死んだ。アリカと黄昏時(トワイライト)と雪慈は殺した。それは事実だ。だが赫夜は死んでないし、アリカと黄昏時(トワイライト)と雪慈は殺してねェ。それが、あいつの操作したものの一つって事か。…ほんとに定義がわかんねェな」

 


 深いため息を吐き、《夢喰い》は壁にもたれかかった。

 


 夢は、甘美だ。同時に、深い深い奈落の底でもある。どこまでも存在し続け、定義は存在せず、ただそれは底のない深海のようにあり続ける。


 そこにあるのは、一体なんなのか。


 それは、誰にもわからない。


 

END?
 


なんだろうね、相変わらずというかまあこれは意図してやった事だけど、意味わからん←
まあ意図してやった事だけどね!!!(

しかも、無駄に長いという。しかも、グロいという。なんだこれ。

因みにアリカが生きているのは、アリカが世賭・翠と出会う前の頃の話だからです。

とりあえず人外系なキャラたちの話を書いてみたかっただけなんだ。

拍手[2回]

PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
最初はすげぇ綺麗でいいと思ったのに途中からグロにしやがって(←

でもいいと思う(←

なんか知らないキャラもいるけど、〇ィアルガ対〇ルキア対ギィ〇ティナ対ダーク〇イ対ア〇セウスって感じd(ry

嘘です;←
夜月砂羅 2010/11/03(Wed)17:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 HOME | 96  95  94  93  92  91  90  88  87  86  85 
Admin / Write
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Profile
Name:在処(arika)
Sex:女
Birth:H7,3,22
Job:学生
Love:小説、漫画、和服、鎖骨、手、僕っ子、日本刀、銃、戦闘、シリアス、友情
Hate:理不尽、非常識、偏見
Twitter
NewComment
[08/17 在処]
[08/16 曖沙]
[08/16 曖沙]
[08/15 在処]
[08/15 曖沙]
Counter

FreeArea
FreeArea
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Barcode
忍者ブログ [PR]